最近のお葬式の傾向

既に完全定着した「家族葬」・・・。文字通り、家族だけで故人を送る葬儀です。

ただ、親せきの方も送りますので、家族親戚葬とはなっていませんね・・・。これも家族葬と呼ばれています。

また、数人の友人知人も送られます・・・。これも家族葬と呼ばれています。

結局家族葬は、家族のみのばあい。家族親戚の場合。家族・親せきと数人の友人の場合。と概ね3パターンになっているのが現状です。

企業廻りして、管理職の方とのお話の中で、「社員さんのご家族のお葬式は行かれていますか?」と必ずお聞きするようにしています。

ほぼ、答えは「昔はよくいっていたんだけど。」です。

今は、メールで「家族葬でおこなうので、身内だけの葬式です。」といった内容で遠慮してこられるようです。

これはどこでも聞くメールの内容です。

お葬式は20年、10年前と会社と個人の境界が明確になってきています。どちらがいいかわかりません。

昔と違って故人様を本当に知っている方々が送りますので、いい意味で気兼ねがない時間にして、故人様を送りたいものです。

送る方々は、お葬式によって、故人様の思い出や自身の環境変化に対応するための、心の整理をつける時間でもあります。

送られる人・送る人、お葬式は人数の多さではありません。

愛情たっぷりのお葬式にしたいものです。

様々な宗教やご遺族様のご要望にお応えする葬儀を行わせていただいています。

小倉で安くて安心できる葬儀をお考えの方は飛鳥会館小倉城野ホールへ

お葬式の受付・ご相談
【24時間受付/通話料無料】
0120-537-200